月別アーカイブ: 2016年3月

子供を授かるためならば

私は30代の女性で、8年間看護師として働き、現在は結婚退職し、専業主婦をしています。今
までお金を借りたこともなければ、借りたいと思ったこともありませんでした。なぜなら、手に職があったので給料は安定していましたし、借りる必要がなかったこと、貯蓄がある程度あったからです。

しかし、事態は一変しました。
私は3年前に結婚し、2年前より妊活を始めたのですが、なかなか子宝に恵まれず、半年前から病院に通い、不妊の原因を調べることにしましました。
病院で検査を進め、先日不妊の原因が明らかになりました。両側卵管閉塞との診断で、原因が私にあることがわかりました。

手術もしましたが、手術では治すことができず、選択肢が体外受精のみとなり、どうしても子供が欲しいため、体外受精を行うことを決意しました。
しかし、不妊治療クリニックの門をたたき、現在その費用に驚きを隠せない状況です。
夫の貯金と私の貯金をはたいても、1回の治療が精一杯です。
しかし、体外受精で1回で妊娠出産できる確率は37%と非常に低く、1回の不妊治療で高額の費用を払っても妊娠できる保証はどこにもありません。
もし、1回の治療で授かれないとすると、貯蓄がなくなるため、お金を貯金しなければならないのですが、不妊治療にはタイムリミットがあり、時間が経てば経つほど妊娠の確率はグンと低くくなり、更にリスクと費用は高くなります。(35歳以上になるとアメリカでは不妊治療の費用が上がります)

したがって、貯金のために不妊治療を遅らせることはいろんな意味でハイリスクとなるわけです。また高額の不妊治療を払うための貯金をしても、その時間が更に妊娠を遠ざけてしまい兼ねないのです。

以上の点から、私はもし1回の治療がうまくいかなかった場合、お金を借りてでも子供を授かることを諦めず、治療を続けていきたいと思っています。
専業主婦の私でも借入できるようなので(専業主婦借入)子供を授かるために頑張っていくつもりです。